新成人の成長を願って今様を披露する芸能団体(京都市東山区・八坂神社)

新成人の成長を願って今様を披露する芸能団体(京都市東山区・八坂神社)

伝統芸能が披露された八坂神社

伝統芸能が披露された八坂神社

 新成人の健やかな成長を願って歌や舞を披露する「成人を祝す伝統芸能大会」が10日、京都市東山区の八坂神社であった。府内の芸能団体が能舞台で詩吟や狂言などを演じ、若者の門出を祝った。

 京都の各種伝統芸能団体でつくる日本伝統芸能団(右京区)が戦後から毎年続ける恒例行事。昨年は新型コロナウイルスの影響で中止したが、今年は日本舞踊や箏曲など8団体が舞台に立った。

 大会は今様で開幕し、成人を祝う曲とともに白拍子姿の女性があでやかに舞った。詩吟や琵琶の演奏が続き、参拝者や晴れ着姿の新成人が足を止めて聞き入った。

 同芸能団の石原さつき世話人代表(78)は「大変なご時世を生きる新成人が、健やかに成長されることを願っている」と話した。