さまざまな木材を使ったオルゴールが並ぶ会場(福知山市夜久野町平野・やくの木と漆の館)

さまざまな木材を使ったオルゴールが並ぶ会場(福知山市夜久野町平野・やくの木と漆の館)

 漆塗りなどの木製オルゴールを集めた展覧会が、京都府福知山市夜久野町平野のやくの木と漆の館で開かれている。さまざまな木材を組み合わせて作ったぬくもりある作品が、来場者の目を引いている。

 40年以上趣味で木工を続けている木村祐一さん=大阪府=が手掛けたオルゴール24点を集めた。トチやスギ、ケヤキなど26種類の木材や竹材を使い分けて、個性的な木目や風合いを表現している。一部作品は試聴もでき、優しい音色を楽しめる。

 6月16日まで。午前10時~午後5時。水曜休館。5月5日午後1時半から、木村さんが作品について解説する試聴会(有料)も開かれる。問い合わせは同館0773(38)9226。