練習しても食べなくなった―。

 2008年、滋賀学園高2年だった井上彩花は知人から体形の変化を指摘され、食事について考えるようになった。陸上雑誌に掲載されるトップ選手は確かに細身が多い。「私も絞ろう」と思い立った。

 栄養に関する本を買い込み、自主的に食事と体重の管理を始めた。揚げ物は衣を除いて食べ、1日の摂取カロリーは同年代の運動選手に必要な量の半分以下。体重チェックは毎日4、5回。水分にも気を配った。痩せ始めると調子良く感じ、のめり込んだ。高2の冬…