財政難を訴え、さまざまな市民サービスの削減を打ち出している京都市で昨年、新たな広報用キャラクター「京乃つかさ」が250万円かけて制作され、…