京都地方気象台

京都地方気象台

 京都地方気象台は11日夕、強い冬型の気圧配置が11日夜から14日にかけて続く見通しだと発表し、暴風雪や高波への警戒を呼び掛けた。特に13日夜から14日にかけて冬型のピークを迎え、京都府内では警報級の大雪になる恐れもあるという。

 気象台によると、今回の冬型のピークは11日夜~12日と、13日夜~14日にかけての2回あるという。京都府北部では、11日夜~13日に最大瞬間風速30メートル前後の暴風雪、11日夜~14日に高さ4~5メートルの波が予想されている。

 また、13日夜~14日にかけては、府内全域で警報級の大雪になる恐れがある。上空の寒気は昨年末ほど強くない予想だが、風向が昨年末より北寄りになるとみられる。このため府南部にも日本海から発達した雪雲が流れ込みやすくなり、京都市内でも急に積雪が増えるような大雪の可能性があるという。

 さらに、来週も断続的に冬型の気圧配置が続くとみられるという。