饗庭野演習場がある滋賀県高島市

饗庭野演習場がある滋賀県高島市

 陸上自衛隊は11日、滋賀県高島市の陸自饗庭野(あいばの)演習場での実弾射撃訓練を再開すると発表した。具体的な再開日時は未定。同演習場では昨年6月、迫撃砲弾が場外の山林に落下し、実弾の射撃を伴う訓練を中止していた。

 再開に向け、陸自側は同12月、火薬を場外に出ない量に減らした砲弾のみを同演習場に持ち込むなどとする再発防止策を提示。これを受け、高島市の福井正明市長は訓練の再開を容認する意向を伝えていた。

 天候なども考慮しながら訓練計画を固めていくといい、陸上幕僚監部広報室は「再発防止策を部隊に普及・教育し、今後も徹底していくことで事故防止に努めていきたい」と説明している。

 福井市長は「市民の安全確保を最優先に取り組まれ、国民の生命や財産を守るための練度を高めていただくことを望む」とコメント。三日月大造滋賀県知事は「県民が自衛隊に寄せる期待と信頼を損なうことのないよう、今後とも安全対策を徹底し、二度とこのような事故が起こらないよう強く求める」との談話を出した。