改憲反対を訴える憲法集会(京都市東山区・円山公園野外音楽堂)

改憲反対を訴える憲法集会(京都市東山区・円山公園野外音楽堂)

 憲法記念日の3日、憲法の精神や9条の大切さを考える「5・3憲法集会」が京都市東山区の円山公園音楽堂で開かれた。府民ら約3300人(主催者発表)が訪れ、改憲反対を訴えた。

 市民団体「憲法9条京都の会」などが主催した。「九条の会」事務局長の小森陽一・東京大大学院教授が講演し、野党各党はメッセージを寄せた。

 小森教授は、集団的自衛権行使を容認する安倍政権を批判し、「平成という時代は、主権者である私たちが必死に運動していたから日本は戦争をしてこなかった」と述べた。

 昭和から平成の政治を振り返りながら、9条に自衛隊を明記する自民党の改憲案について「戦力不保持を定めた9条2項を否定している。この改憲案がどれだけ危険なのかということを、多くの人に訴えていかないといけない」と強調した。

 参加者は集会終了後「9条生かして平和をつくろう」「みんなの声で未来を変えよう」などを声を上げながら、京都市役所までパレードを行った。