京都府警北署

京都府警北署

京都市北区

京都市北区

 京都府警北署は11日、京都市北区の民家で、住人の女性(92)と長男(60)の遺体が見つかったと発表した。長男が女性を殺害し、無理心中を図った可能性が高いとみている。室内には「母の世話に疲れた」という趣旨の遺書が残されていたという。

 北署によると、10日に長男から自殺をほのめかすメールを受け取った親族が同日夜に通報。午後11時ごろ、女性宅に駆け付けた北署員が、2人の遺体を見つけた。女性は居間で布団に横たわり、長男は別の部屋で首をつっていたという。

 同署の説明では、司法解剖の結果、女性の死因は首を絞められたことによる窒息死だった。死亡推定時刻は女性が10日午前ごろ、長男は同日午後という。