一面の銀世界となったかやぶきの里(1月12日午前8時42分、京都府南丹市美山町北)

一面の銀世界となったかやぶきの里(1月12日午前8時42分、京都府南丹市美山町北)

 強い冬型の気圧配置となった12日朝、京都府では山間部を中心に雪が積もり、南丹市美山町で午前8時に11センチの積雪を観測した。かやぶき民家群で知られる美山町北村の「かやぶきの里」は、民家にたっぷり雪が積もり、昔話のような光景となった。

 気象庁によると、午前8時の京都府内の積雪は南丹市美山町11センチ、舞鶴市7センチ。美山町では、山里が一面の銀世界となり、京都市の山間部でも雪が積もった。

 冬型は14日にかけて続き、13日午後からは京都府全域で警報級の大雪の可能性があり、京都市街でも積雪する恐れがあるという。