家事や育児をこなすのは重労働です。その分担を巡ってパートナー間でさまざまに話し合いや駆け引きが繰り広げられていますが、生活習慣や価値観の違いが浮き彫りになり、難しさを感じている人も多いのではないでしょうか。京都市内に暮らし、子育て中の男女4人に集まってもらい、分担のあり方について普段なかなか言えない本音をぶつけ合ってもらいました。(進行役は京都新聞・中村幸恵)

シンクにたまる洗い物にイライラすることも…

座談会の参加者(※一部は仮名です)
景子さん(45)=共働きで、小学生と高校生の3人の子どもを育てる。
健さん(43)=会社員。2歳児と小学生の父親。専業主婦だった妻は最近、不定期で仕事を始めた。
洋さん(43)=共働き。小学生から高校生まで4人の子どもを育てる。
千秋さん(42)=共働き。フリーのフォトグラファーで小学生2人の母親。
※記事中の写真は、4人の家庭を自分で撮影していただきました。

■「家事をやる気ない夫にイライラ」「察しろと言われても分からない」

 千秋さんは家事・育児をほぼ一人で担っています。仕事で帰りが遅い夫は「家のことはできないし、やる気がないんやと思う」。家事を頼んでもすぐにしてもらえなくて、イライラしてしまうと言います。

千秋 あきらめちゃった。言ってイライラするよりは、とついつい思って。ずっと何とかしたいとは思ってるんですけど、話し合う時間をつくるのが面倒で。時間が延びれば延びるほど言いにくくなっているかもしれない。

 家事をやってほしいタイミングに言われているのは分かるんですけど、こっちもタイミングがある。スマホで仕事の連絡をしているのに、ゲームをしていると思われる小競り合いはよくあります。他にも好きなテレビを見ているとか、暇を楽しんでいるとかあるじゃないですか。必ずしも重要なことじゃないんですけど、そういうときはちょっと手伝いたくない。「豊かな気持ち」のときはやってあげようとなりますけど。

得意な人が得意な家事をするのが分担のこつ?

景子 妻側も「きれいに畳んでくれるから私がやるよりいいわ」とか言って、夫側の気持ちをうまいこと引っ張り出せたら、夫が家事をしてくれる可能性はゼロじゃないかなと思う。でも妻も朝から晩まで必死やからいろんなことでイライラしてしまい、ずっとそういう態度でいるのは難しい。

 イライラを察するのは嫌で、話し合って分担を決めたい。暗黙の了解というのが一番怖いので。そのためにもっと「これをやってほしい」と言ってもらった方が男性も参加しやすい。「この時間までにやってね」というタイムリミットもあれば分かりやすい。なかなかこっちから、どこまでやるとか言い出せないんで…。

 妻の「察してよ」の泣きはあります。一番印象に残っているのは、食事中に僕が仕事のメールに返信していて、妻が話しかけたときに生返事やったみたいで、「なんでちゃんと聞いてくれへんの」って泣かれました。メールにすぐ返事しないと、相手も仕事から帰れなかったんで…。

子どもがいると床の上はあっという間に散らかる

千秋 健さんの妻は不満をためこんじゃうタイプかも。私もためこんでる方だと思う。

景子 私は小出しにしてる。軽いノリで。元々は不機嫌な態度で黙ってやってたけど、家中の空気が凍り付いて、子どもにも気を使わせてしまう。それなら「おかんは怒ってるぞ」と言った方がいいかなと思って。夫も、不満は持ってるんやなと感じるようになってきた。

千秋 冗談で済んでるうちはまだいいよね。

■「暇な人がやればいい、では誰もしない」「洗濯物の畳み方、気にならなくなった」

 4人の子どもがいる洋さんの家では洗い物は各自で、洗濯物を畳むのは子どもたちが当番制でしています。

 専業主婦だった妻が働きだし、初めは僕にやってくれと言われたんですが、1人でやるのは嫌で、子どもたちにも最低限自分のことはしてほしかった。みんな自分の食器を洗わないといけないから、使い終わったお皿に別の料理を盛ったりして最小限にしている。小学生の末っ子は洗い物が雑なので風呂掃除。僕は自分と妻の洗い物と、大学受験を控える長女の分もしていますが、どちらかというと家事を楽にする仕組みを作って運用する係。誰の仕事かを明確にしたい。「暇な人がやればいいわ」では、みんなやらなくて

家族が多くなるほど洗濯をするのも重労働に

景子 私はずっと1人でしていたけど、5年ほど前に洗濯物を畳めないほど疲れ過ぎていて、急に意識を失って倒れたことがあった。洗濯物の山から服を取る状況を見かねた夫が「洗濯ぐらいならできるかも」と言ってくれて、そこから「任せる派」になった。最初は干し方や畳み方が気になったけど、言ったら機嫌よくやってくれなくなるかなと思って我慢していたら、細かいことは気にならなくなった。最近は立場が逆転して、たまに私がやると夫から注文をつけられます
 洗い物も朝ばたばたしてできないまま家を出ると、先に帰宅した夫が洗ってくれてて。初めは申し訳なかったけど、普通に「ありがとう」という感じになってくると、あまり気兼ねなく置いていくようになっちゃった。時々私が洗うと、「今日なんか片付いてたな」ってほめられる方式に変わってきた。それがいいかどうかは分からないけど。

千秋 私は会社を辞めて家にいる時間が長くなり、家事ができると思われてしまったんやろうな…。でも今はフリーランスで働いていて、逆にずっと仕事のことを考えないといけない。会社員時代より忙しい気がする。

 子どもが生まれて妻が専業主婦になり、手伝う量はめちゃくちゃ減りました。掃除は僕の方が面倒くさくないので、やらなあかんという気持ちがあります。妻が子どもと外出している間に、LINEで「今から片付けます」と連絡して、片付いた写真を送ることもある。達成感があるし、「ありがとう」と言ってもらえると、次もやろうって気持ちになります。

千秋 逆に普段、妻にありがとうって伝えてますか。

 めっちゃ言います。