図書を購入する予算に乏しい京都と滋賀の朝鮮学校に、広く市民から寄付された本を贈る取り組みを、3年前から京都女子大の学生たちが続けている。これまでに約3300冊を届け、今年も1月20日まで本の提供を呼び掛けている。