【資料写真】第38回の全国女子駅伝(2020年1月12日 )

【資料写真】第38回の全国女子駅伝(2020年1月12日 )

 第40回全国女子駅伝の大会事務局は12日、感染対策を徹底した上で、当初予定通り16日にレースを開催する方針を示した。

 昨年の第39回は中止となっており、2年ぶりの開催。今回は選手や監督らへのPCR検査を義務づけるなど対策を講じて準備を進めてきた。京都陸上競技協会副専務理事で、大会の新型コロナ対策を担当する宮崎幹也・大会総務は「男子駅伝とともに開催するつもりだったので残念。京都としてはこれまで通り日本陸連などのガイドラインに沿って徹底した対策を実施し、開催へ向け準備を進めている」とし、改めて沿道などでの応援自粛を呼びかけた。