京都地方気象台

京都地方気象台

14日早朝の天気分布予測。京都府全域で雪が降るとみられる(気象庁HPより)

14日早朝の天気分布予測。京都府全域で雪が降るとみられる(気象庁HPより)

 京都地方気象台は13日朝、大雪などに関する気象情報を発表し、13日夜遅くから京都府内で警報級の大雪になる恐れがあるとして、交通障害などに警戒を呼び掛けた。京都市街でも5センチ程度の雪が積もる可能性があるという。

 気象台によると、京都府北部と南部の山地で、13日夜遅くから14日にかけて日本海寒帯気団収束帯(JPCZ)の影響により、警報級の大雪になる恐れがある。府北部では、13日昼頃から暴風雪となる可能性もある。

 京都市内も日付が変わるころから雪が降りだすとみられ、13日の帰宅時間帯は積雪の可能性は低いが、14日の通勤・通学時間帯には雪が積もり、交通機関に影響が出る可能性がある。

 13日午前6時~14日午前6時に予想される24時間降雪量は、いずれも多いところで次の通り 
北部山地 50センチ
北部平地 45センチ
南丹・京丹波 45センチ
京都・亀岡の山地 45センチ
京都・亀岡の平地 5センチ
山城中部 5センチ
山城南部 5センチ