14日早朝の天気分布予測。滋賀県全域で雪の予報となっている(気象庁HPより)

14日早朝の天気分布予測。滋賀県全域で雪の予報となっている(気象庁HPより)

 彦根地方気象台は13日朝、大雪に関する気象情報を発表し、滋賀県内は13日昼から14日昼にかけて大雪になる恐れがあるとして警戒を呼び掛けた。雪のピークは13日夜遅くから14日朝とみられ、積雪が急増する恐れがある。

 気象台によると、県北部では13日昼前から、県南部では13日夜遅くから雪が強まるとみられる。昨年末に大雪をもたらした日本海寒帯気団収束帯の影響で、特に日付が変わるころから早朝にかけて積雪が急増するため、長浜市や彦根市、高島市、東近江市などで交通障害に警戒が必要という。

 13日午前6時~14日午前6時に予想される24時間降雪量は、いずれも多いところで次の通り
北部山地 60センチ
北部平地 30センチ
南部山地 30センチ
南部平地 10センチ