京都地方気象台

京都地方気象台

14日早朝の京都府の天気分布予報(気象庁HPより)

14日早朝の京都府の天気分布予報(気象庁HPより)

 京都地方気象台は13日夕、大雪や風雪に関する気象情報を発表し、13日夜遅くから14日朝にかけて京都府内で大雪警報を発表する可能性があると発表した。積雪や路面凍結による交通障害や建築物の倒壊に注意を呼び掛けている。

 気象台によると、近畿地方の上空に氷点下9度以下の寒気が流れ込み、冬型の気圧配置が強まる見込み。

 京都府内は13日夜遅くから14日朝にかけて降雪がピークとなり、北部の平地と山地、南部の山地では大雪警報を発表する可能性がある。北部では暴風雪となる恐れもあり、降雪は14日昼ごろまで続く見込み。京都市内でもうっすらと積もる可能性がある。

 積雪や路面凍結によっては道路や鉄道に影響があるほか、ビニールハウスやカーポートなど簡易な建築物の倒壊にも警戒が必要になる。

予想される降雪量は、いずれも多いところで次の通り。
◆13日午後6時~14日午後6時の24時間
北部の山地、京都・亀岡の山地、南丹・京丹波 50センチ
北部平地 45センチ
京都・亀岡平地、山城中部、山城南部 5センチ