2025年には、京都府内の認知症の方は16万人に達すると推計されています。
認知症と診断された日と尊厳と暮らしが守られ、認知症の人を見守り、
支える家族や地域の人々が安心して生活を送るために、
社会全体が認知症への理解を深め、一人一人ができることを選択していく必要があります。
「オレンジ」認知症とともに生きる啓発キャンペーンでは、認知症について知り、
支え合うためのさまざまな情報をご賛同いただいた企業・団体とともに発信していきます。

特設サイトはこちらhttps://pr.kyoto-np.jp/campaign/orange/
京都新聞朝刊、特設サイトにて、認知症に関する情報やコラムを発信します。

主  催:京都新聞
後  援:京都府/京都市/京都地域包括ケア推進機構/認知症の人と家族の会/京都府医師会/京都府歯科医師会/京都府看護協会/京都府薬剤師会/京都私立病院協会/京都社会福祉士会/京都府介護支援専門員会/京都府介護福祉士会/京都府老人福祉施設協議会/京都市老人福祉施設協議会/京都地域密着型サービス事業所協議会/京都弁護士会/京都司法書士会/成年後見センター・リーガルサポート京都支部/生命保険協会京都府協会
企画協力:関広

【お問い合わせ】「オレンジ」事務局(京都新聞COM内)
℡075-241-6172(平日10:00~17:00)
Eメール:orange@mb.kyoto-np.co.jp