新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

新型コロナウイルス(国立感染症研究所提供)

 滋賀県は13日、新たに10歳未満~90歳以上の男女287人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。県内の1日当たりの感染者数としては、昨年8月24日の234人を上回り、過去最多。県内の感染者は1万3579人になった。いずれも軽症か無症状。居住地別では、大津市57人、草津市45人、東近江市33人、長浜市31人など。


 クラスター(感染者集団)関係では、13日までに児童生徒11人が感染した近江八幡市内の学校で、別の感染経路による児童生徒6人の感染が判明した。このほか、それぞれ従業員17人と同8人が感染した草津市と栗東市の製造業事業所と、職員と入院患者計5人の感染者が出た大津市の医療機関で新たに認定した。


 県は、複数の児童生徒の感染者が出た県立学校を14日まで学校閉鎖した。彦根市は放課後児童クラブ指導員1人の感染が判明した市立小学校を14日まで、栗東市は教職員の感染が分かった市立学校を14~17日までそれぞれ臨時休校にした。


 米原市は13日、市地域包括医療福祉センター内にある近江診療所の職員が感染したため17日までセンターを閉鎖する。かかりつけ医による診療は電話で対応するという。