降雪が強まるJR西舞鶴駅前(1月13日午後7時45分、京都府舞鶴市伊佐津)

降雪が強まるJR西舞鶴駅前(1月13日午後7時45分、京都府舞鶴市伊佐津)

 京都府北部は13日夜、冬型の気圧配置が強まった影響で降雪が強まっている。14日朝にかけて、雪の勢いはさらに強まる見込み。

 午後8時ごろ、舞鶴市の市街地では雪が断続的に降り、道路に積もり始めた。午後9時の積雪は11センチ。通行人は傘をさして滑らないようゆっくりと歩き、車もスピードを落として走行していた。

 宮津市でも夕方から雪が降り始め、午後8時すぎには道路に真っ白に雪が積もった。

 京都地方気象台によると、14日午後6時までの24時間積雪量は多いところで、北部の山地、京都・亀岡の山地、南丹・京丹波で50センチ、北部平地で45センチ、京都・亀岡平地、山城中部、山城南部で5センチと予想している。