男性指導者が大半だった陸上女子中長距離の現場に、女性指導者が増えつつある。女性アスリートの健康問題がクローズアップされており、指導者が果たすべき役割は大きい。現状や課題について、女性指導者の第一人者である第一生命・山下佐知子監督に聞いた。

 -以前は女子チームでも男性指導者がほとんどだったが、さまざまな年代で女性指導者が増えている。

 女性が増えたことで、月経をはじめ体のことは相談しやすくなった思う。でも選手には個人差がある。指導者も『自分は女性だから分かる』といった予断を持たないよう自覚が必要だ。例えば拒食や過食などの摂食障害についても、こちらがよかれと…