2021年の「新語・流行語大賞」のトップ10に入った「ジェンダー(文化的・社会的性別)平等」。この潮流は近年、おもちゃにも波及し、性別にとらわれない商品が登場している。業界全体の意識も変化しつつあるようだ。(京都新聞・堤冬樹)

■「メルちゃん」に男児の友達、父親の育児参加が背景に

 「本当に驚いた」と話すのは、今年30周年を迎えるお世話人形「メルちゃん」(パイロットコーポレーション)の担当者。パイロットコーポレーションは2016年に初めて名前付きの男の子人形「あおくん」を発売した。ブランドカラーはピンクで、それまで購入者の大半が女児だった。「男の子がピンクのパッケージを選ぶのは抵抗がある」との意見も参考に、あおくんの箱などを水色にした結果、男児ユーザーが15%に上った。

あおくん=パイロットコーポレーション提供

 受け入れられた要因として、男性の育児参加の広がりも挙げる。「赤ちゃんを抱くお父さんの姿が日常的な光景になった。お世話遊びは『大人と同じことをしたい』とまねることが基本。お父さんが赤ちゃんをお世話しているのを見て、男の子もやってみたくなるのでは」と担当者。イメージ色が紫や緑のお友達人形や、性別にこだわらない着せ替え服の導入など、男女問わず遊べる環境を目指している。

■シルバニアファミリー「男女や職業のバランス、広告にも配慮」

 ドールハウス「シルバニアファミリー」(エポック)の男児ユーザーも10年前より約5%増えて1割近くになった。車やキャンプシリーズの登場がきっかけで、エポックは「シルバニアファミリーの遊びの本質である『家族での暮らしを再現して遊ぶ』は本来ジェンダーニュートラル。人形の男女のバランスや、職業や性格を決める過程でジェンダーの偏見が生まれないよう意識している」。広告やカタログに女児だけでなく男児も起用するなど配慮を欠かさない。

シルバニアファミリーの製品=エポック提供

■バンダイ「すべての子どもに楽しんでもらいたい」

 バンダイが2019年に発売した男の子のお世話人形「ホルン」は、約4割が男児ユーザーだ。バンダイの担当者によると、保育園を視察した際、女児だけでなく男児もお世話遊びを楽しんでいることにあらためて気付いたという。

バンダイのお世話人形「ホルン」=バンダイ提供(C)Disney/Pixar

 「お世話遊びは今も昔も、誰かを思いやる心をはぐくむのにとても大切。『ジェンダー平等』の言葉を特に意識した訳ではなく、すべての子どもに楽しんでもらいたいという姿勢は他の製品でも変わらない」としている。

■DIYしたかった女児「興味の幅広げてくれた」

 工具系おもちゃは男児向けが多かったが、ピープルは2018年に女児向けに「ねじハピ」を発表した。電動ドライバーを使い、キラキラした箱や家を作り上げる。DIYブームが背景にあり「安全性を踏まえた上で、リアルさとかわいさのバランスを心掛けた。DIYをしたかった女児は想像より多く、目を輝かせて遊んでいたのが印象的」と開発担当の上原麻里衣さん。保護者からも「これまでなかった」「興味の幅を広げてくれた」と好評で、男児ユーザーもいる。

ねじハピメガDIYセット=ピープル提供

 その一方で、上原さんは「おもちゃから性差を無くせばいいかと言うと、表面的な対応では逆に個性が失われかねない」とも。「ねじハピが支持されたのもかわいさを貫いた結果。子どもたちが求めるものをしっかり見極めることがより重要になる」と指摘する。