終戦直後に書かれた獅子文六の小説「てんやわんや」に主人公が東京から列車で西へ向かう場面がある。静岡、浜松、名古屋と廃虚を通過し、京都に着く…