私は医科大の出身だが、共に学んだ女性のその後の働き方が気になっていた。学生時代、数学の苦手だった私は仲の良い女性の友達がテストで私より高得点を取るのを見て憧れた。私は記者になったが、友人たちは研究者になったり医療現場に出たりそれぞれの道を歩んでいる。しかし記者として取材していると、女性科学者からは、数が少ないことなどを背景に肩身の狭さを訴える声を聞く。一方、女性が多数を占める看護師でも、子育てしながら勤務する不安などを耳にする。それぞれの職場に、どんな問題が潜んでいるのか。(京都新聞・広瀬一隆)

■男性だったら、そんな言い方されなかったのでは

 「専門家なら、そんな質問しないよね」。京都大で働く工学系の40代の女性研究者は、ある研究会で男性教授からそんな皮肉を言われた。「私が男性だったらそんな言い方をしますか」。即座に反論が心に浮かんだが、口にしなかった。言っても伝わらないと思ったからだ。「相手は無意識に言ってるんでしょう。でも男性からバカにするような言い方をされる経験は、ほかの女性からも聞く」

科学者としてキャリアを積んできた女性。見えにくい壁はいろいろな場面で感じてきた

 研究室で日常的に嫌な思いをするわけではない。同僚や学生とランチを共にしたり遊びに行ったりすることも多い。「基本的にはハッピーに過ごしているんですよ」。ただ、折々にささいなことで引っ掛かる。

 そうした雰囲気は子どもの頃から感じてきた。数学や物理は得意だったが、親戚からは「女性は勉強ができないから、成績が落ちないように頑張ってね」などと、「女性」を理由にたびたび嫌みを言われた。「今でも覚えているからよほどカチンと来たんでしょうね」と苦笑いする。

■社会に根強い「理系は男」の思い込み

 女性研究者が感じてきた「違和感」は数字にも表れている。2003~2019年の国際的な学力調査における数学の得点では、日本の中学2年の男女に差はない。しかし公立小中学校の教員に対する2018年の国立女性教育会館の調査では、「理数系の教科は男子の方が能力が高い」という項目で、「そう思う」または「ややそう思う」という回答は22・8%。世代別では20代の女性がもっとも多く31・8%だった。「理数系は男性」というイメージの根強さをうかがわせる。

女性がふだん研究に使っているノート

 科学において女性の立場が弱かったのは日本だけではない。「近代科学の源とされる西欧では18世紀ごろまで、夫と連名にするなど男性に従属的な形でなければ、女性が研究成果を発表するのは難しかった」。名古屋工業大の川島慶子教授(科学史)は話す。当時、大学などのポストは男性で占められ「女性は男性のために知性を使う時だけ認められた」という。

■ノーベル科学3賞の受賞者629人中、女性は23人

 その後、1903年にマリー・キュリーが放射能の研究で女性として初めてノーベル賞を受けるなど、女性科学者の地位は向上した。しかしノーベル科学3賞の受賞者629人のうち、女性はわずか23人。ノーベル賞を取るような研究だけが「科学」ではないし、社会的評価とは別に純粋に好きな研究ができる環境も大切だ。ただ同賞受賞者の男女比の偏りは科学における女性の地位に関する一つの指標とは言える。

 

 日本政府は、大学が採用する女性研究者の割合について2018年時点で工学系11%理学系17・2%だったのを、2025年には工学系15%理学系20%にそれぞれ引き上げる目標を掲げる。女性研究者の育児と研究の両立を促進したり、女性教授などを増やしたりする各大学の取り組みに年間約10億円の支援を行う。

■米国では「女性を軽んじるのは誤り」の意識感じる

 育児の有無や昇進への希望にかかわらず女性への配慮が重要だが、京大の女性研究者は「制度はさまざまな形で整いつつある」と語る。しかし一方で、意識を変える大切さを指摘する。

 大学院生時代、米国へ留学をしたとき「日本と違って開放感があった」という。研究者同士で議論していても日本にいるような気遣いは必要なかった。女性研究者だけのランチ会があるなど、居場所を作ろうという雰囲気があった。「日本の研究室は、メンバーの距離が近いなど良い面もある。でも米国では『女性を軽んじるのは誤り』という意識の浸透を感じられた」

学生時代に留学したアメリカでは研究でもプライベートでも開放感を感じたという=女性提供

 自身が置かれた現状といえば―。「制度を整えるのは重要。でもそれとは別に、ちょっとした意識を変えるのは、とても難しい」