号砲を待つたけびしスタジアム京都

号砲を待つたけびしスタジアム京都

 皇后杯第40回全国都道府県対抗女子駅伝(日本陸連主催、京都新聞、NHK共催、村田機械協賛)が16日、新型コロナウイルスの影響で中止された昨年を挟み、2年ぶりに開催される。

 感染防止のため、例年レース前日に行っていた開会式は実施しなかった。レースは午後0時半に京都市右京区のたけびしスタジアム京都をスタートし、国立京都国際会館前(左京区)を折り返す9区間42・195キロのコースで行われる。大会事務局は沿道での応援自粛を呼び掛け、同スタジアムも無観客とする。少女ミニ駅伝やふるさと屋台村などの関連行事は行わない。

 16日朝から同スタジアムでは、選手たちがランニングなどを行い、本番に備えている。正午現在の天候は晴れ、気温10・0度、南南西の風。

石原さとみさんや倉科カナさんが務めたスターター 少女ミニ駅伝の写真特集はこちら⇒https://www.kyoto-np.co.jp/articles/-/702149