彦根地方気象台

彦根地方気象台

 滋賀県の彦根地方気象台は17日、冬型の気圧配置が強まるとして、17日夜遅くから18日昼前にかけて県北部の高島市と長浜市、米原市を中心に注意報級の大雪が降る恐れがあると発表した。県南部でも降雪の可能性がある。同気象台は積雪や路面凍結による交通障害、なだれなどへの警戒を呼び掛けている。

 近畿地方の上空約1500メートルに氷点下9度以下の寒気が流れ込むという。18日正午までに予想される24時間の降雪量は県北部の山地で40センチ、平地で30センチ、南部の山地は20センチ、平地は10センチという。

 18日朝からは湖東地域や東近江地域、大津市北部でも夜遅くにかけて断続的に雪が降る見込み。

 冬型の気圧配置は21日にかけて続くという。