大津地裁

大津地裁

 生コンクリートの調達を巡り、工事を妨害したとして威力業務妨害などの罪に問われた全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(関生支部)委員長の被告(49)ら6人の公判が17日、大津地裁(大西直樹裁判長)であり、検察官が組合員を取り調べた際、労働組合からの脱退を促す発言を記録した映像が法廷で上映された。

 上映されたのは、組合員の被告(53)の取り調べ映像で、弁護側が証拠提出した。2018年11~12月、大津地検の検察官が組合員の被告に対し、「また逮捕されるかもしれないと思いながら組織にい続けるのはしんどくないか」「今後もこのままいくのか、状況を変えるなら今しかない」などの発言が記録されていた。

 弁護団によると、関生支部の幹部や組合員らが滋賀県警や京都府警などに逮捕された一連の事件で、取り調べ映像を証拠提出するのは初めて。弁護士は公判後の取材に「組合つぶしの意図が明らかで、検察官による公訴権の濫用だ」と述べた。

 起訴状によると、6人は他の組合員らと共謀し、17年2月、大津市の住宅建設工事現場で住宅会社の現場責任者らに「ブルーシートがはみ出している」などと言いがかりを付け、工事を中断させて業務を妨害した、などとしている。

 事件を巡っては、労働法が専門の研究者78人が「憲法と労働組合法で保障された正当な労組活動が犯罪として処罰されている」とする抗議声明を出している。