サッカーJ2第12節は5日、ニッパツ三ツ沢球技場などで7試合を行い、京都サンガFCは3-1で横浜FCに快勝した。3試合ぶりの勝利で勝ち点を19に伸ばし、6位に浮上した。

 サンガは前半12分、今季初先発の大野が頭で決めて先制。前半ロスタイムに追いつかれたが、後半2分に仙頭が勝ち越し点を挙げ、15分に重広のゴールで突き放した。

 今季無敗の水戸が町田に2-0で快勝し、勝ち点26で首位を守った。山形が1-0で岡山を下し、同24で2位。前節4位の甲府は千葉に1-2で敗れて同20のまま。東京Vは長崎に競り勝って6試合ぶりの勝利。