長居公園に整備されるスケートボード広場のイメージ(わくわくパーククリエイト提供)

 長居公園に整備されるスケートボード広場のイメージ(わくわくパーククリエイト提供)

 大阪市東住吉区の長居公園に今春、市内初の公共のスケートボード専用広場が設置されることになった。公園の指定管理事業を行う同市の「わくわくパーククリエイト」が18日、発表した。

 スケートボードは東京五輪で初採用されて若手日本選手のメダルラッシュとなり、人気が高まっている。競技を安全に楽しめる施設を用意し、公共の場での危険走行などを減らす狙いがある。

 3月末の完成を目指し、4月23日から段階的にオープンする予定。利用は登録制で、原則24時間、毎日使えるようにする。無料で利用できるが、登録手続き料が必要。小学生以下にはヘルメットの着用を義務付ける。