龍大京産大 5回裏京産大1死一、三塁、遠藤秀が右翼線に2点三塁打を放つ(わかさスタジアム京都)

龍大京産大 5回裏京産大1死一、三塁、遠藤秀が右翼線に2点三塁打を放つ(わかさスタジアム京都)

 関西六大学野球は5日、わかさスタジアム京都で「産龍戦」など2回戦3試合を行った。大商大が4-2で神院大を破って開幕から無傷の8連勝で勝ち点を4に伸ばし、1節を残して2季ぶり18度目(旧リーグ含む)の優勝を決めた。昨秋優勝の京産大は7-1で龍大に連勝し、勝ち点を3としたが、次節で大商大に連勝して勝ち点で並んでも勝率で上回れなくなった。

 京産大は五回に遠藤秀(1年、滝川二)の2点三塁打などで3点を加え、その後も攻撃の手を緩めなかった。龍大は打線がつながらず、今季初先発の古口(4年、福岡大大濠)を援護できなかった。