彦根地方気象台

彦根地方気象台

 冬型の気圧配置が強まるとして、彦根地方気象台は19日、滋賀県内で20日夜遅くにかけて大雪となる恐れがあると発表した。同気象台は積雪や路面凍結による交通障害、なだれ、ビニールハウスの倒壊などへの警戒を呼び掛けている。

 近畿地方の上空約1500メートルに氷点下9度以下の寒気が流れ込む。県北部は20日明け方から、県南部では同日朝から、いずれも夜遅くにかけて注意報級の大雪となる見込み。

 20日正午までに予想される24時間の降雪量は県北部の山地で35センチ、平地で20センチ、南部の山地で25センチ、平地で10センチとなるという。