京都府警本部

京都府警本部

京都市中京区

京都市中京区

 税理士法人から独立する際に顧客企業の情報を不正に持ち出したとして、京都府警生活保安課と中京署は19日、不正競争防止法違反(営業秘密領得)とマイナンバー法違反(不正取得)の疑いで、京都府長岡京市の税理士の男(39)と京都市下京区のアルバイトの女(33)を逮捕した。捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、2人の逮捕容疑は共謀して2020年6月下旬、当時勤務していた中京区の税理士法人で、取引先の企業2社の財務情報や社員の給与、マイナンバーなどの個人情報をハードディスクに複製して持ち出した疑い。2人は容疑を認めている。

 捜査関係者の説明では、2人は2020年6月末に税理士法人を退職し、京都市内に税理士事務所を立ち上げた。その後、同法人の顧客が契約を解除するケースが相次ぎ、不審に思った法人側が調査したところ、2人が退職前に企業11社と個人事業主2人分の顧客データを不正取得した形跡が見つかったという。

 府警は、2人が自らの顧客を増やす目的で、法人から持ち出した情報をもとに営業活動を行っていたとみて調べている。