新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」の適用について、京都府は19日、大阪府と兵庫県とともに、この日は政府への要請を見送った。猛威を振るう流行「第6波」で適用地域が全国で拡大する中、京阪神が異なる決定をしたのは、現在広がっている変異株「オミクロン株」の特性や医療体制の現状について