大津地裁

大津地裁

 滋賀県愛荘町のアパートで、同居人の男性に虐待を加えて死亡させたとして、傷害致死などの罪に問われた元少年(20)の裁判員裁判の初公判が20日、大津地裁(大西直樹裁判長)で開かれた。元少年は「共謀はしておらず、食事制限にも関与していない」と無罪を主張し、虐待は同居の無職の女(56)=同罪などで起訴=が単独で行ったと述べた。

 別の同居人男性(49)に対する傷害罪についても無罪を主張。死亡した男性の兄(30)に対する恐喝未遂罪は幇助犯にとどまるとした。

 起訴状によると、元少年は女と共謀し、2019年6月ごろ~同10月25日、同町東出の女のアパートなどで、同居人の男性=当時(25)=に暴行を加えて重傷を負わせ、十分な食事を与えず免疫力を著しく低下させるなどして、同26日に敗血症性ショックで死亡させた、などとしている。

 審理は3月1日まで全16回の予定。判決は同18日に言い渡される。