国民民主党の選対委員長に就任し参院選に向けた戦い方を語る前原氏(東京都千代田区・衆院第1議員会館)

国民民主党の選対委員長に就任し参院選に向けた戦い方を語る前原氏(東京都千代田区・衆院第1議員会館)

 夏の参院選を見据え国民民主党と東京都の小池百合子知事が特別顧問を務める都民ファーストの会が20日、合流も視野に入れた連携強化の協議を開始することになった。両者で思い出されるのは2017年の衆院選直前、旧民進党の解体につながった因縁と確執だ。

 当時民進の代表だった国民の前原誠司代表代行兼選対委員長(衆院京都2区)が20日までに京都新聞社のインタビューに応じ、希望の党代表だった小池氏との「因縁」を振り返った。

 「だまされたとか、裏切られたというのは一切ないですよ」。前原氏はさっぱりとした表情で語った。

 国民と都民ファーストの連携強化を巡る動きに、永田町では「希望の党の再来」とささやく声もある。5年前の”失敗”について前原氏は「政治は結果責任。うまくいかなかったことの責任を取って、私は腹を切った」と振り返る。今回の連携協議に自身は関わっていないというが「ベリーウエルカム」と歓迎する。

 17年7月、民進は東京都議選で惨敗し蓮舫代表が辞任。離党する議員も相次ぎ、支持率が低迷した。党代表になった前原氏は希望への合流を決断。衆院解散当日の両院議員総会で「全員連れていく」と約束しながら、小池氏によるリベラル派の「排除」発言を契機に党分裂に追い込まれた。

 「あの時『ライジングサン』だった希望の党は、民進党と合流する必要はなかった。小池さんがおっしゃっていたのは、政治経験のない国会議員が『風』だけで百何十人生まれても、国政へのインパクトがない。民主党政権を担った経験のある人たちと一緒にやりたいということだった」

 「いまだ出所が分からない20名の『排除リスト』や、向こうの言い値の政策協定書案が出てきた。選挙直前だったので情報戦もあり、結果的にうまくいかなかったわけだが、小池さんに私は感謝こそすれ、だまされたとか特別な感情はまったくない。ただ彼女の信念としてあったのは『第2民主党』は作らないわよ、と。それが排除発言にもつながったと思う」

 前原氏は、今後の連携協議にあたっては政策や理念の一致を図ることが重要と強調する。「中道保守の改革勢力をまとめる命題は残っている。希望の党の再来と言われるが、それの何が問題ですか」

 日本維新の会についても前原氏は「政策的に最も近い政党」とし、選挙協力まで連携の幅を広げたいとの思いがある。

 「地合いは良くなっている。維新との協力は着実に進んでいるし、首都の地域政党である都民ファーストとの連携も悪くない話。立憲民主党についても元々同じ政党であり、共産党との関係を精算できるのであれば、協力できる人たちはいると思う」と語った。