テレビ会議形式でフランスとの外務・防衛閣僚協議に臨む林外相(左)と岸防衛相=20日夜、外務省(代表撮影)

 テレビ会議形式でフランスとの外務・防衛閣僚協議に臨む林外相(左)と岸防衛相=20日夜、外務省(代表撮影)

 日本とフランス両政府は20日、外務・防衛閣僚協議(2プラス2)をテレビ会議形式で開いた。東・南シナ海を含む西太平洋への中国の軍事力拡大を念頭に、海洋安全保障分野での協力を深化。「自由で開かれたインド太平洋」実現へ連携を図った。北朝鮮による核・ミサイル開発対応では、検証可能な形での廃棄を目指すことで一致し、こうした成果を盛り込んだ共同声明を出した。

 日本から林芳正外相と岸信夫防衛相、フランスからルドリアン外相とパルリ国防相が出席。林氏は冒頭「日仏の協力関係を一段と高いレベルに引き上げるため議論を深めたい」と強調した。