登校中、一面の雪景色にはしゃぐ子どもたち(2022年1月21日午前7時55分、京都市北区)

登校中、一面の雪景色にはしゃぐ子どもたち(2022年1月21日午前7時55分、京都市北区)

 強い冬型の気圧配置となった21日朝、京都市は午前10時の積雪が14センチとなった。5年ぶりの積雪10センチ超で、観測史上10位の記録となった。京都地方気象台は21日朝、京都市と京都府亀岡市に大雪警報を発表した。通学の子どもたちは、一面の雪景色に大はしゃぎだった。

 京都市北区の西賀茂では、20センチ近い雪が積もった。通学の子どもたちは、車に積もった雪を両手で抱えたり、京都では珍しい深い雪に足を突っ込んで遊んでいた。

 気象庁によると、21日午前10時の京都府内各地の積雪は、南丹市美山町30センチ、舞鶴市15センチ、京都市中京区14センチ。京都市と亀岡市には、21日午前7時42分に大雪警報が発表された。