舞い降りた粉糖が、白い生地の上にうっすらと載っている。その姿を、1月の寒さと重ね合わせて、一口食べてみた。しっとりとした生地が、肌に触れた…