21日は京都市中京区で観測史上10位となる積雪14センチを記録し、この冬一番の大雪となった。京都地方気象台は前日20日昼すぎに、京都・亀岡の雪の見通しを「最大1センチ」と発表していたが、予想に反して21日未明から積雪が急増した。予想が難しかったという今回の大雪は、どのようなメカニズムでもたらされたのか。
 
 京都市で雪が降り始めたのは20日朝。同気象台は20日早朝、大雪に関する気象情報を発表し、21日朝までに予想される