近畿地方の上空に寒気が流れ込んで冬型の気圧配置が強まり、滋賀県では20日夜から21日にかけて、再び大雪に見舞われた。県南部でも降り積もり、スリップ事故などの交通トラブルが相次いだ。

 彦根地方気象台は21日早朝、大津市南部と草津市、守山市、栗東市、野洲市に大雪注意報を発令した。大津市内の気温は未明に氷点下0・4度まで下がり、市消防局によると、多いところで一時3~5センチの積雪があったという。

 県警交通企画課のまとめでは、20日午後5時~21日午前…