ブリンケン米国務長官(右)とラブロフ・ロシア外相=21日、ジュネーブ(ロシア外務省提供、ゲッティ=共同)

 ブリンケン米国務長官(右)とラブロフ・ロシア外相=21日、ジュネーブ(ロシア外務省提供、ゲッティ=共同)

 【モスクワ、ワシントン共同】ブリンケン米国務長官とラブロフ・ロシア外相が21日、スイスのジュネーブで会談した。ロシアがウクライナ国境付近に部隊を集結させている問題に関し、会談後の記者会見でラブロフ氏は「ウクライナを攻撃するつもりはない」と明言。米側が、北大西洋条約機構(NATO)不拡大の確約を求めるロシアの提案に来週文書で回答すると約束したと明らかにし、回答後に改めて外相会談が行われるとの見通しを示した。

 ブリンケン氏は記者会見で「外交努力を続けることの重要性で一致した」と述べた。