オンライン配信の画面(後方)を見てシューマイ作りに挑戦する親子ら(手前)=京都市中京区

オンライン配信の画面(後方)を見てシューマイ作りに挑戦する親子ら(手前)=京都市中京区

 オンラインによる料理教室が22日開かれ、京都府内の親子61組が家庭でスマートフォンやパソコンの画面を見ながら、シューマイ作りに挑戦した。

 新型コロナウイルス禍に伴い家の中で過ごす時間が多くなる中、親子で料理に親しんでもらおうと京都生活協同組合(京都市南区)が催した。

 京都府宇治市出身の料理研究家滝村雅晴さんが講師を務め、東京都内のスタジオからビデオ会議システム「Zoom」で配信した。参加者はあらかじめ指定された食材を用意し、調理に取り組んだ。

 滝村さんはシューマイの皮を上手に包むこつや野菜の切り方などを紹介し、「レシピ通りじゃなくてもおいしくなるよ」とアドバイスした。エプロン姿の親子らは協力して手を動かし、「ワンタンの皮でも作れますか」といった質問も投げ掛けていた。