「優しさと威厳」をテーマに、木戸さんが制作したナイルの革レリーフ=京都市上京区・be京都

「優しさと威厳」をテーマに、木戸さんが制作したナイルの革レリーフ=京都市上京区・be京都

小林さんがスケッチを基に制作したナイルの切り絵

小林さんがスケッチを基に制作したナイルの切り絵

雌ライオンのクリスと仲むつまじく過ごすナイルを捉えた山下さんの写真

雌ライオンのクリスと仲むつまじく過ごすナイルを捉えた山下さんの写真

 2020年1月に死んだ京都市動物園の雄ライオン「ナイル」の姿を、3人の芸術家がそれぞれの視点で描いた作品展が22日、上京区新町通上立売上ルのギャラリー「be京都」で始まった。

 革工芸作家の木戸誠司さんが、ナイルの生前の姿を見ることができなかった娘にと、実物大の革レリーフを制作したのがきっかけ。木戸さんに写真を提供した写真家山下恵子さん、学生時代に日々、ナイルをスケッチしていた画家小林徹也さんもそれぞれの「ナイル」を出し合った。

 ナイルの顔が突き出たレリーフは縦1メートル、横70センチ、奥行き30センチ。テーマの「優しさと威厳」を、元気なころのナイルの柔和な表情や豊かなたてがみで表した。

 一方、たてがみの一部が元気を失い、耳をのぞかせることで、国内最高齢の25歳10カ月まで生き抜いたことも示した。

 仲の良かった雌ライオン「クリス」とじゃれる姿の写真や、スケッチを基にした切り絵など計26点を展示している。27日まで。午前10時~午後5時(最終日は午後4時まで)。無料。終了後の29日、木戸さんがレリーフを市動物園に寄贈する。