初開催する「恭仁京NIGHT」のプロジェクションマッピングで試験点灯された恭仁小校舎(木津川市加茂町)

初開催する「恭仁京NIGHT」のプロジェクションマッピングで試験点灯された恭仁小校舎(木津川市加茂町)

国宝・五重塔が美しい姿を見せる海住山寺の境内(木津川市加茂町例幣)

国宝・五重塔が美しい姿を見せる海住山寺の境内(木津川市加茂町例幣)

 京都府木津川市加茂町の瓶原地域でナイトイベント「光で彩る恭仁京NIGHT」が29、30日に初開催される。恭仁小校舎のプロジェクションマッピングや海住山寺のライトアップなど普段見ることのできない夜の景色を楽しむことができる。

 貸し切りバスなどを運行するウイング(京田辺市)主催で、観光庁の「既存観光拠点再生・高付加価値化推進事業」の補助金約1千万円を活用する。

 イベントは午後6時15分から各日6回予定されている。恭仁小では1936年建造の木造2階建て校舎がプロジェクションマッピングで彩られ、海住山寺では本堂や国宝の五重塔がライトアップされる。1回の所要時間は約1時間。

 恭仁小―海住山寺間はシャトルバスで移動する。集合場所はJR加茂駅もしくは恭仁小。完全予約制で、定員各40人。大人1200円、子ども600円でチケットはウェブで購入できる。問い合わせは市マチオモイ部観光商工課0774(75)1216。