新型コロナウイルスの流行「第6波」に伴い、府内の保健所の業務が急速に逼迫(ひっぱく)している。京都市は「第5波」の教訓を踏まえた対策に取り組んできたが、職員の応援体制を大幅に引き上げざるを得ない事態となった。「いつ