新型コロナウイルスの感染再拡大で業務が急増している滋賀県草津保健所は24日までに、濃厚接触者かどうかの判断と該当者への連絡を感染者自身に行ってもらう仕組みを導入した。通信アプリのLINE(ライン)でしか連絡を取り合わないなど互いの電話番号を知らない人がおり、