放課後の子どもたちがお小遣いの小銭を握りしめて通える小さな駄菓子屋が、京都市内に相次いで誕生した。「店舗」は自宅玄関やガレージの一角。駄菓子屋は