江戸時代前期の歌人・松永貞徳が手がけたとされ、「雪月花の三名園」とも呼ばれた京都市内にある3社寺の庭園のうち、唯一失われていた「花の庭」が、北野天満宮(京都市北区)で再興された。