新型コロナウイルスの感染急拡大で、京都市内でも学校や、小学生が放課後を過ごす学童クラブなどに影響が広がっている。児童生徒の感染確認で学級閉鎖や休所が相次ぎ、自宅待機を余儀なくされる子どもが急増。保護者らは子どもの世話や出勤自粛を迫られて負担が膨らんでいる。

 「保護者から問い合わせもあるが、こちらも連絡待ちで…