園児らが負傷した事故現場(大津市大萱6丁目)

園児らが負傷した事故現場(大津市大萱6丁目)

 保育園児たちの楽しい散歩が暗転した。大津市大萱6丁目で8日午前、保育園児の列に車が突っ込んだ交通事故。現場には複数の園児がぐったりと倒れ込み、救急車で次々と搬送された。なぜこれほど多くの園児が巻き込まれたのか。現場では警察の調べが本格的に始まった。

 現場には多くのパトカーや救急車、消防車両が詰めかけた。歩道には、前部が破損した白い自動車が乗り上げていた。

 事故直後に現場に行った京都市右京区の無職男性(69)によると、園児3人が倒れ、体を動かせない様子の保育士もいた。負傷した子どもたちは次々に救急車で搬送され、AEDが道路に置かれていた。保育士とみられる叫び声が響いていたという。

 近くの旅館で働く大津市の女性(43)は午前10時半ごろ、事故が起きたと聞いて現場に駆け付けた。たんかで運ばれる園児の体を大人がさすっていた。警察官の声だけが響き、異様な雰囲気だったという。

 女性は、晴れの日は園児が保育士に引率されて事故現場付近をよく散歩する姿を見かけるという。「子どもたちが事故に巻き込まれるなんて、本当にショック」と声を震わせた。

 近くの30代主婦は「お母さんの立場に立つと、泣きそうになる」と話した。

 負傷した園児らが搬送された大津赤十字病院では、保護者とみられる人たちが多数駆けつけ、不安な表情を浮かべていた。「なんで」と崩れ落ち、泣き叫ぶ女性の声が病院の外にも聞こえた。