林外相(左から2人目)にG7サミットの広島市開催に関する要望書を手渡す松井一実広島市長(その右)と広島県の湯崎英彦知事(左端)=27日午前、外務省

 林外相(左から2人目)にG7サミットの広島市開催に関する要望書を手渡す松井一実広島市長(その右)と広島県の湯崎英彦知事(左端)=27日午前、外務省

 広島県の湯崎英彦知事と広島市の松井一実市長は27日、林芳正外相と外務省で面会し、日本で2023年に開催予定の先進7カ国首脳会議(G7サミット)を広島市で開くよう要望した。林氏は「開催地選定に関係する省庁と共有する」と述べた。湯崎氏らは続いて首相官邸を訪れ、岸田文雄首相にも申し入れる。

 首相は、戦争被爆地の広島が地元で「核兵器のない世界」の実現を掲げている。松井氏は林氏に「世界の指導者が平和をベースにこの地で対話をすれば、国際的な諸問題に新たな道筋を付けることができる」と述べた。