新型コロナウイルス禍など未知の課題への対応、情報通信技術(ICT)の進展、多様性の尊重…。少子化で子どもの数が減る中、時代の変化やニーズに合った高校をどうつくるか。京都市教育委員会の稲田新吾教育長に聞いた。

 -京都市立高は、難関大進学者が多い堀川高や西京高、昼間・夜間定時制の京都奏和高などさまざまな特色がある。どういった方針で運営しているのか。

 「生徒や保護者ら市民のニーズに応えることが基本だ。